みぞれぶろぐ Mizole blog

写真 自転車 アニメ

Sort by 02 2017

Category: カメラ・写真  

MINOLTA MD ROKKOR 50mm F1.7 × SONY α7

連日の試写三昧ですが、新たにレンズを追加しました。
MINOLTA ROKKOR MD 50mm F1.7 Φ49mmです。
何だかんだロッコールレンズを集めていはいましたが、ピッタリ50mmという焦点距離の単焦点レンズは持っていませんでした。
MINOLTA MC 58mm1.4は持っていますが、少し重いと感じていたのと、これまで使ってきたMDレンズの写りがとても気に入ったのでMDでも標準の50mm付近でレンズを使ってみようと思いました。とフルサイズ用にしてはコンパクトで、重量も160gと軽いと思います。
安かったし。

C4iOWYvUYAAOXIR.jpg

ではパパっと撮ってきたので乗せていきます。↓
Category: カメラ・写真  

MINOLTA MC TELE ROKKOR-QF 200mm f3.5×α7

MINOLTA MC TELE ROKKOR-QF 200mm f3.5ってレンズはとにかく重い。
720g・・・?買ってから若干後悔はしているレンズですが、まぁ使ってみようということで。
近所の公園で撮影してきました。(レンズが重くて、これとあとMD35mmF2.8しか持っていきませんでした)

cmDSC00261.jpg

一応こんな感じで撮れました。
200mmってのはフルサイズだと意外と普通の望遠なので、×2のテレコンバーターを使っています。
周りの人達はもちろんオートフォーカスで撮っているので
「ピピッ ピピッ ピピッ」とそこら中から合焦点サインの効果音が聞こえてきてちょっとおかしかったです。
いや馬鹿にしてるのではなく、自分がAF使ってる時はそんなこと思わずにピピッ鳴らしまくってるんでしょうけど、自分が出してる音って気にならないものですよね。

マニュアルフォーカスMFレンズなので、自分でピントリングを回してピントを合わせます。
これが意外と好きな動作で、顕微鏡のピントを合わせるのも昔から好きだったので。


どんな風に見えているのか、動画を撮ってみました。

最近のデジタルカメラはMFでもピントの山を簡単に把握できるピーキングと拡大表示機能があるので、MFでストレスを感じたことはほとんどありません。
マイクロフォーサーズでも現行のMFレンズをよく使っているので、何の抵抗もありません。

特に狙ってた訳ではないのですが、たまたま通りがかった所でカワセミのホバリングを見かけ、
反射的にシャッターを切りました。↓
Category: カメラ・写真  

MINOLTA ROKKORレンズをフルサイズデジタルで

ミノルタのSRマウント ロッコールレンズを本来の画角で撮ってみようということで、行ってきました。
SRマウントとEマウントのマウントアダプターを介してのオールドレンズ使用になります。

まずは、個人的に使いやすく感じたのは
MD W.ROKKOR 35mm 1:2.8
F値2.8と普通ですが、フルサイズともなるとしっかりボケを出すことができます。
m4/3(マイクロフォーサーズ)で使っていたときにも感じたのですが、立体感のある表現が得意なようです。
あくまで自然に背景をボケさせて、被写体を浮き立たせる気がします。
ボケの具合も、絞りを変えながら調整していけます。

cmaDSC00179.jpg
梅の花です。最短撮影距離30cmなのでまぁまぁ近距離で撮影ができます。

Category: カメラ・写真  

フルサイズデジタル

マイクロフォーサーズでマウントアダプターを使用し、MINOLTA(ミノルタ)のROKKOR(ロッコール)レンズを使用していたのですが、
とうとう、本来の画角で使ってみたいという欲求に抗えなくなり、SONYのα7を入手しました。

C4ScW1hVcAA6okT.jpg
Category: カメラ・写真  

梅の花

CCc_IMG3205am.jpg
PENTAX K-3 + HD DA 35mmF2.8 Macro Limited

まだまだ寒いですが、梅の花が咲いていました。

CCc_IMG3135am.jpg
PENTAX K-3 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

早く暖かくなるといいです。

CCc_IMG3132am.jpg
PENTAX K-3 + TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO

RAW現像時に色々味付けすると印象が変わって面白いです。

1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >