みぞれぶろぐ Mizole blog

    写真を撮ります。

    Category: カメラ・写真  

    マイクロフォーサーズでPENTAXのKマウントレンズを使う

    PENTAXのカメラからデジタルカメラの世界に入っていった私ですので、
    Kマウントのレンズがいくつかあります。

    そして最近手に入れたPanasonicのGM5。15mmF1.7など、純正レンズも気に入っているのですが、
    せっかくPENTAXのレンズがあるので使ってみたくなり、アダプターを手に入れました。

    さっそく使ってみることに。

    s21P1000401n.jpg



    s21P1000395n.jpg

    s21P1000366n.jpg

    s21P1000387n.jpg

    s21P1000406n.jpg

    R0001882.jpg

    ルックス的に一番気に入っている21mm 換算で42mmです。
    ちょっと広角よりの標準でとても使いやすい。


    s35P1000410n.jpg

    s35P1000360n.jpg

    R0001885.jpg

    HD DA 35mmF2.8 Macro Limitedです。換算で70mm。
    一気に中望遠マクロになり、マクロとしての使いやすさが際立ちました。


    s15pP1000369n.jpg

    s15P1000378n.jpg

    R0001889.jpg

    上がPENTAXのsmc DA 15mmF4ED AL Limitedで、下がLEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7です。
    家に帰ってびっくり。レンズが変わると、こんなにも色味変わるもんなんですね・・・。
    絞り値はF4に揃えまして、他も全部同じ設定で撮りました。レンズだけが違う。


    s50P1000385n.jpg

    s50P1000382n.jpg

    s50P1000386n.jpg

    R0001891.jpg


    smc PENTAX-DA 50mmF1.8です。換算すると100mmになります。望遠でしょうか。
    このレンズはクイックシフトフォーカスフォーカスが無いのですが、アダプターを介したMFでは関係ありません。
    手ブレさえ気をつければとても使いやすい気がします。
    安いレンズですが、最初の一枚とか雰囲気がとても好みです。ただ木の葉を撮っただけなのに。


    ミラーレスカメラだとMFが割りと楽なのです。
    モニターで拡大表示やピーキングを使えば、簡単にピントを合わせることができます。

    また、GM5はEVFが付いているので、拡大表示とピーキングを使い、
    ファインダー撮影をすることで顔にカメラを固定してじっくり撮ることが出来ます。
    手ブレ補正の無いカメラなので、ファインダーがとても重宝します。

    しかし、レンズによってこんなに違いが出るとは・・・。
    いままで同じ画角のレンズはあまり購入していなかったのですが、
    15mmの色味の違いに驚愕しました。
    どうせマニュアルフォーカスなんだし、この際古いレンズを中古で購入して楽しんでみたい。
    K-01でも遊べるしね!

    今度中古カメラ屋に足を運んでみよう・・・。

    Newer EntryLUMIX DMC-GM5使用風景

    Older Entryマウントアダプターを使う(Kマウント→m4/3)

     

    Comments
    Leave a comment








    1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >