みぞれぶろぐ Mizole blog

    写真を撮ります。

    Category: スポンサー広告  

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Category: カメラ・写真  

    SIGMA Photo Proのディテール設定

    先日SPPのバージョンが新しくなり、sd Quattroに対応したようですが、
    同時にディテール設定ということができるようになりました。
    せっかくなので、比較をしてみることに。

    SPPの現像画面で、ディテール設定で真ん中を0(ゼロ)と考えて、
    スムーズ(左側)へ-1 -2 -3とします(1番左側が-3)
    クリスピー(右側)へ+1、+2、+3とします(1番右側が+3)

    cSDIM0630(-3).jpg
    ディテール(-3)

    cSDIM0630(+3).jpg
    ディテール(+3)

    ブログに上げる関係上、全体的な写真では2MBオーバーの為縮小した写真しか見れませんが、
    パラパラと交互に見たところ遠目で見ても、+3のクリスピー側の方がくっきりというか、
    波紋?の外側と葉の間にある模様がわかりやすいです。遠目からではとても繊細な違いのようです。

    dSDIM0630(-3)_008.jpg
    dSDIM0630(-2)_008.jpg
    dSDIM0630(-1)_008.jpg
    dSDIM0630(0)_008.jpg
    dSDIM0630(+1)_008.jpg
    dSDIM0630(+2)_008.jpg
    dSDIM0630(+3)_008.jpg

    ブログ上で参照する場合は縮小されて表示されると思います。
    +3と-3を比べるとよくわかりますが、クリスピー側だと細かいところが写る半面、
    全体的にザラついたような印象を受けます。

    dSDIM0630(+3)_008-vert.jpg

    水面の反射の白いところとか、+3だと若干ザラついてちょっと見ていられない不自然ですが、
    -3だとスッキリとしていて良くなっています。

    青空を撮った時とか、マイナス側に設定した方が気持ちのいい写真になりそうですね。

    かなり縮小した場合は+3の方が精細に見えそうですが、
    とる写真によってはマイナス側の方が良い印象を持ちました。

    CSDIM0608-2.jpg
    ちょっと分かりにくいですが、中央よりちょっと右下寄りのトンボ付近を分割して比較してみます。
    https://flic.kr/p/JKaEtg

    SDIM0608-2_023dd-vert.jpg

    いろいろ試してみましたが、+1くらいが僕の使用感としては上限で、
    水面とか青空とか、平坦なものをスッキリ写したい時はスムーズにしようと思います。

    Newer Entryトカゲの撮影会

    Older EntrySIGMAの新製品体感イベントに行ってきました

     

    Comments
    Leave a comment








    12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。