みぞれぶろぐ Mizole blog

写真 自転車 アニメ

Category: 映画  

2016年は邦画の年だと思う

YAASvSz-.jpg

今年はとても邦画 日本の映画が熱い年になりました。

邦画 というか日本の実写映画に対して、今まで期待していなかったのですが、

シン・ゴジラが衝撃的すぎて考えを改めることになった。

ゴジラと言えば日本の怪獣映画ですが、近年はハリウッドで作られるなど、
ちょっと外国勢にお株を奪われていたように見えましたが、
今回のシンゴジラは今まで観た怪獣映画の中で最高です。(個人の感想です。)

まだ公開中の映画の為ネタバレしないように内容にはあまり触れませんが、
とにかくテンポが良い。無駄な人間ドラマがほとんどない。構図のセンスがいい。カメラワークのセンスが良い。
日本の映画はこんなに面白く作れるのかと驚きました。
他の邦画を見ていて、日本人だとどうしてもこうなっちゃうのかと半ば諦めていましたが、勘違いでした。

もちろん怪獣映画なので迫力もすごいです。見せ方が上手い。
こんなにゴジラが恐ろしく見えたのは初めてで、子供の頃に見たゴジラよりも何倍も恐く見えた。

「もっと街を破壊しろ~!」などとは一切思えず
「頼むからもうやめてくれー!」と懇願してしまいました。

既に2回映画館で視聴しています。
見終えて家でパンフレットを読んでいたら居てもたっても居られず翌々日に再度視聴w
2回映画館で同じのを観るなんて人生初でした。


話変わってアニメ映画の「君の名は。」ですよ。
シンゴジラを見て、今年はゴジラが最高かなーと思いましたがこっちも来ちゃいました。

新海誠の映画は結構見ていて、「言の葉の庭」はとても好きな映画です。
でも「秒速5センチメートル」の映像美は好きなのですが、主人公が暗すぎてすっごくモヤモヤ。
2話のコスモナウトではヒロインが不憫すぎて泣きそうになりました・・・。
そ、それはいいのですが、今回の君の名は。はびっくりです。


なんだよ!僕は、こんな映画が観たかったんだ僕は!
でもまさか新海誠がこんな映画を作るとは!


こちらも大ヒット上映中の為内容はちょっと・・・。

とにかく相変わらずの映像美。背景のディテールがすごくて他のアニメと同じ扱いにしていいものかどうか。
ライティングのセンスが良く、光の使い方が大好きです。
一コマ一コマ、どのコマを取っても絵になるというか、写真作品みたいです。
これはシンゴジラでも言えましたが、別の意味で情報量がすごいんです。

キャラクターデザインも急に好感触なものになっています。
今までの新海誠の映画では考えられない程表情が豊かで、アニメ的です。
でも、アニメでしか出来ない表現で、強みでもあると思うのです。
ヒロインがめっちゃ可愛いです。これは重要なことなんです!

シン・ゴジラも、君の名は。も、
正に、時代のニーズに合った映画と言えると思います。

アニメ映画と言えばジブリが最高峰と安直に考えていましたが、
ジブリ映画である必要は無くなったと分かりました。いや、ジブリ映画も好きなんですけどね。

RADWIMPSが今回4曲歌を映画のために作っていて、これも素晴らしいです。
本日カラオケで前前前世と夢灯籠を歌ってきましたw
また、劇中に使われている音楽も全てRADWIMPSが作曲していて、
サウンドトラック「君の名は。」に収録されています。
ピアノは全てボーカルの野田洋次郎が弾いていたり、
普通に映画音楽として褐色ないものになっています。
すごいなRADWIMPSは。こんなこともできるのかと。
新海誠のラブコールから話が進んだRADWIMPSとのコラボだそうで、
上の写真にあるガイドブックではその裏話が書いてあり、読んでいて大変面白かったです。
近いうちにまた映画館に足を運ぶことになりそうですw


こんなに素晴らしい映像コンテンツが作れる日本に、希望を持ちました。

Newer Entry君の名は。(2回目)と 聲の形 観ました

Older Entry新宿スナップ

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >