みぞれぶろぐ Mizole blog

    写真を撮ります。

    Category: スポンサー広告  

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Category: カメラ・写真  

    MINOLTA ROKKORレンズをフルサイズデジタルで

    ミノルタのSRマウント ロッコールレンズを本来の画角で撮ってみようということで、行ってきました。
    SRマウントとEマウントのマウントアダプターを介してのオールドレンズ使用になります。

    まずは、個人的に使いやすく感じたのは
    MD W.ROKKOR 35mm 1:2.8
    F値2.8と普通ですが、フルサイズともなるとしっかりボケを出すことができます。
    m4/3(マイクロフォーサーズ)で使っていたときにも感じたのですが、立体感のある表現が得意なようです。
    あくまで自然に背景をボケさせて、被写体を浮き立たせる気がします。
    ボケの具合も、絞りを変えながら調整していけます。

    cmaDSC00179.jpg
    梅の花です。最短撮影距離30cmなのでまぁまぁ近距離で撮影ができます。



    cmaDSC00129.jpg
    手前の柵にピントをあわせて立体感を演出してみました。
    欲を言えば気持ちもう少しボケを出したかったかな?

    cmaDSC00133.jpg
    歪みとか特に感じさせない写りで、風景写真でも使いやすそうです。
    軽いし見た目カッコイイし、このレンズの評価は買った時にくらべてかなり高くなっています。


    続いて、すけくぼさんから譲っていただいたMC ROKKOR 135mm 1:3.5
    マイクロフォーサーズだと換算焦点距離270mmですからね、ちょっと使いにくさは否めなかったですが、
    本来の画角で使えるようになったことでとても使いやすくなりました。

    cdmaDSC00088.jpg
    流石に135mmなので、遠くの小鳥をドアップにはできません。
    マイクロフォーサーズで慣れているので、感覚としては60mmレンズを振り回している感じです。
    ポートレートに使いたいですね~。

    cmaDSC00088.jpg
    トリミングしてみました。

    maDSC00095.jpg
    レンズの味のような物が存在するのはオールドレンズのいいところ。


    次はやっと本来の画角で使えることが嬉しいMD W.ROKKOR 24mm 1:2.8です。
    ファインダーを覗いた瞬間、画角の広さに感激。広角レンズ好きなんですよねー。

    cmaDSC00069.jpg
    SONYのα7はチルト液晶がついているのでアンダーからの撮影に便利です。
    PanasonicのGH4でバリアングル液晶の便利さが分かっていたので、抵抗なく使えます。

    cmaDSC00156.jpg
    今日は持っていくレンズが多かったのであまり試せていないのですが、明るい24mmレンズって結構いろいろできそうです。
    ボケを活かした撮り方とか、もっといろいろやってみたいですね。

    cmaDSC00161.jpg
    このレンズ、使いこなせたらいい写真が撮れそうな気がします。


    最後に、恐らくこれが一般的な標準レンズになるんでしょうか、MC ROKKOR PF 58mm 1:1.4です。
    マイクロフォーサーズではこれくらいから望遠レンズ扱いになってしまいます。
    やっと標準単焦点レンズとして使えますね。
    cmaDSC00139.jpg
    このレンズが一番フィルム写真っぽい雰囲気を持っている気がします。

    cmaDSC00141.jpg
    レンズが変わるだけでこんなに雰囲気が変わるんですね。

    cmaDSC00185.jpg
    F値1.4と明るいので、よくボケが出ます。

    やっと一通りお気に入りのオールドレンズを試せたので一旦満足しましたが、
    やはり何個も単焦点レンズ付け替えしていると一本あたりにかける時間が短いです。

    理想は単焦点レンズ2本に厳選できればいいんですけど・・・。
    悩ましいです。何個もレンズがあるってのも考えものです。


    個人的に一番気に入ったのは・・・
    MD W.ROKKOR 35mm 1:2.8かなぁ。
    F値2.8と、とても明るいというわけではないが、
    フルサイズで使えるレンズなのに小型で軽量、デザインも格好いい。
    α7のボディと材質がすごい似てて一体感がある。
    2~5mくらいの被写体にピントを合わせて撮った写真の前後のボケ方が自然で、立体感が出る。
    このボケ感はマイクロフォーサーズで出せるだろうか。
    今度Voigtlander17.5mmF0.95と較べてみたい。(換算で35mmだし)
    最短撮影距離も30cmと、マクロほどでないにしてもテーブルフォトでも十分使える。

    今後はそれぞれのレンズをもっと使い込んでいこうかと思います。
    マイクロフォーサーズで使い込んだ気になっていただけで、やっぱり画角が全然違うので別物のレンズって感じです。

    まずは手持ちのレンズを使いこなしたいですが、
    85mmとかも気になりますね・・・。あ、SONYからEマウントでF1.8の85mm出ますね。うーむw

    Newer EntryMINOLTA MC TELE ROKKOR-QF 200mm f3.5×α7

    Older Entryフルサイズデジタル

     

    Comments
    Leave a comment








    1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 < >
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。