みぞれぶろぐ Mizole blog

写真 自転車 アニメ

Category: カメラ・写真  

MINOLTA MD MACRO 50mm 1:3.5 (F3.5)を本来の画角で

SONYのα7を手に入れてからMINOLTAのオールドレンズを次々と試しています。
所謂NewMDといわれるレンズなので、ロッコール(ROKKOR)の表記がありません。
ミノルタのマクロレンズ(焦点距離50mm)はマイクロフォーサーズ(m4/3)で使うと換算100mmで
かなり使いやすい部類だったと思います。

しかしながら、このレンズは本来50mmで使うことを想定して作られていることも事実なので、
持ち出して試し撮りしてきました。

DSC00860.jpg
接写リング使用

すでに咲いている桜もいました。

マイクロフォーサーズで使っていたときのような写真を撮ろうとすると、どうしても接写リングを使う形になります。

F3.5、F5.6、F8.0と分けて撮り比べて見たので、紹介していきます。↓


DSC00809.jpg

DSC00810.jpg

DSC00811.jpg

紫の花
F値は上からF3.5、F5.6、F8.0となります。
個人的にはF5.6が適度なボケと立体感で好きな描写です。開放はちょっとボケすぎ?
コレくらいの被写体だったら、F3.5の開放でピントを合わせてからF5.6に絞ってシャッターを切ろうかなと思いまた。

DSC00812.jpg

DSC00813.jpg

DSC00814.jpg

白い花
うーん。ボケる部分が写真の多くを占める場合は、F5.6~F8くらいまで絞った方が好みかもしれません。

DSC00827.jpg

DSC00828.jpg

DSC00829.jpg

黄色い花
バックが明るく距離があると被写体と背景を分けたくなるので、開放F3.5が好きな感じになりました。

DSC00818.jpg

DSC00819.jpg

DSC00820.jpg

白い梅の花
うーんやっぱりボケる範囲が大きすぎると難しい気がします。

DSC00830.jpg

DSC00831_2017031721242473b.jpg

DSC00832_20170317212421257.jpg

花・・・?
迷ったらF5.6が安定描写に感じます。

DSC00836_20170317212806ce9.jpg

DSC00837_20170317212806358.jpg

DSC00838_20170317212803e9d.jpg


桜の向こうに雲で霞んだ太陽を入れてみました。特に問題なく撮影出来ました。
意外と開放F3.5のちょっと幻想的な雰囲気が良いかもしれませんw

DSC00839_2017031721310546b.jpg

DSC00840_201703172131075e6.jpg

DSC00841_20170317213104335.jpg

奥行きの有る風景で手前のベンチにピントを合わせてみました。
開放だと周辺が減光してますね。これはこれで雰囲気が出てる気がしますが。

絞りの比較は以上になります。
焦点距離が50mmなので、開放F値3.5でいいなら万能かもしれません。

DSC00858.jpg

DSC00859.jpg

接写リングを使うと桜の花を大きく写せます。
F5.6くらいにして、ピントリングを回すよりもカメラとレンズ自体を若干前後させてピントを合わせると楽でした。

DSC00845_20170317214227594.jpg

逆光にも特に気にせず使えて、
50mmの標準レンズとしても使えるので、
実はすごく使い勝手の良いレンズなのかもしれません。
接写リングをつけたり外したりするのが多い撮り方だとちょっと面倒かな?

C7HwI7CVwAAyhsL.jpg

F3.5って他のレンズと比べるとちょっと暗い?ような印象がありますけど、実際使ってみると気になりませんでした。
むしろそれ以上に絞って使うことの方が多いくらいなので。
ISOをかなり上げられる昨今のデジタルカメラにおいて、
また、拡大表示やピーキングによりピント合わせが大分楽になっている今日では、
F3.5のレンズと言うのは楽々使えるいいレンズなのかもしれません。

重量200g 小さくて軽いし(^o^) ←本音

Newer Entry結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第一章 観てきました

Older Entry江戸東京たてもの園にいってきました

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >