みぞれぶろぐ Mizole blog

写真 自転車 アニメ

Category: アニメ  

かみちゅ!を今更ですが観てみた。その1

C_tXOdsUQAAm2jS.jpg

今回購入したDVD全8巻と漫画です。あと雑誌の記事を少し・・・。
全編に渡って安定した作画とまったりのんびりした世界観が魅力なアニメです。
2005年のアニメで、当時TV放映されたのは12話。DVD/BD版では未放送の4話が追加された16話になっています。
TV放映された12話は観たことがあったのですが、オリジナル版の4話は今回初視聴となりました。



DVD版ではオーディオコメンタリーが収録されていて、本編を観ながら監督の舛成孝二さん、脚本の倉田英之さんを中心に
ゲストを招いて制作の裏側や秘話なんかを面白く解説しています。これがなかなか楽しい。

倉田英之さんが著者であるR.O.Dは電子書籍化されたものを読んでいたり、話し方も優しい感じで好感を持っています。

では、感想等をつらつらと書いていきます。

0

物語の主な舞台は1985年頃?の広島県尾道市です。
背景がとても綺麗に描かれていて、ディテールがしっかりしています。

1
自分が神様であることを告げる一橋 ゆりえ(ひとつばし ゆりえ)

02
ゆりえと昼食を共にする四条 光恵(しじょう みつえ)

学校のお昼休み、お弁当を食べているゆりえが、光恵に自分が神様になったことを告白する所から物語が始まります。
すでに緩いですねw
この世界では神様は意外と身近な存在で、ゆりえが神様になっても騒動になりません。へー神様になったんだ。くらいの感覚なんです。

5border=
来福神社の娘 三枝 祀(さえぐさ まつり)

4
ゆりえの力を引き出す為に舞う祀の妹 三枝 みこ(さえぐさ みこ)

ゆりえが神様になったことで神社の娘で同級生の三枝祀と関わることになります。
神様になったものの、何の神様なのか分からないゆりえ。

6
ゆりえの家。神様になっても、生活は普通の中学生。ここがこのアニメのすごいところ。

7
夕日の描写がとてもよく出来ていて、うっとりします。この回に限らず、かみちゅ!は夕日が綺麗に描かれています。

8
神の力を使うと髪が伸びるゆりえ

基本のんびりしたアニメですが、所々アクティブな展開があります。
台風の描写なんかは全ての物がバタバタしているので、作画が大変だったとか。

03
自分の部屋でワッと起き上がるゆりえ。この辺を今見ると、新海誠監督の「君の名は。」を連想してしまいました。ちょっと影響受けてるのかな?

01
縁側で寝転ぶ三人。なんかいいな~こういうの。

3
現実のディテールに凝った現実世界とは別に、神様の世界というものが存在しています。
八百万神、万物に神様は宿るので、いろんな物が神様になっています。

04
犬和尚(左)と八島様(やしま さま)(右)
八島様は三枝家が宮司を務める神社の神様で、イケメンですが・・・。
それにしても犬和尚かわいいよ。

05
来福神社で開催されたゆりえちゃん祭り

06
潤いが欲しいと言いつつ射的に興じる光恵

07
ゆりえちゃん祭りで挨拶をしたあと、祀の無茶振りに涙目になるゆりえ

1
一橋家の食卓 左からゆりえの弟 章吉(しょうきち)、ゆりえの母、父

祭りの主役になっても普通の家庭です。しかしご飯が大盛り過ぎませんかw

2
ゆりえと光恵が登下校時に利用している渡し船

何度も言いますが、神様になってもこういう緩やかな生活感が魅力なんです。

3
ゆりえ様のお悩み相談室

祀の提案で教室のカーテンに走り高跳び用のポールでテントにした仮設の相談室。
中学生感がすごいですね・・・。

4
ポラロイドカメラを使う光恵

子供の頃に父親に同じタイプのポラロイドカメラをもらったことがあって、
変な写真をたくさん撮っていた思い出がよみがえりました。

5
一橋家で飼っている猫のタマ 実は秘密が・・・

6
ひょんなことから異星人と接触することになるゆりえ

7
神様協会から派遣されてきた、お願い集配チームしやわせの3名
どのお願いを聞けば良いのか分からないゆりえに、選別されたお願いを届け、補佐します。

4
ゆりえが国会議事堂で異星人と接触している事件が職員室のテレビで報じられる

5
職員室の外からその様子を伺う生徒達

6
光恵と祀も様子を伺うが、昼休み中なのでお弁当を食べながらというのが笑える。
現実っぽいようでシュールなようで。

7
国会議事堂を舞台にゆりえが機動隊や自衛隊とアクティブなことを繰り広げます

8
4話では自衛隊が多く出てくるので、右だ左だと賛否両論あったそうですが、個人的にはそんなに気にして見るようなものでもないと思いました。

9
神様も風邪をひきます。中学生なので。

11
ふとしたきっかけで幽体離脱をするゆりえ

12
幽体離脱した状態で自分の住んでいる街を見下ろすって、風邪をひいてるときに考えたことあります。

14
ゆりえが好意を寄せている二宮 健児(にのみや けんじ)
書道部の彼に習字をみてもらいます。

15
通学に使っている渡し船港、いつの間にか神様御用達になっております。それにしても夕日が良い。

16
ゆりえに一年後輩の恋敵現る!?

17
海を見ながらアイスを食べる3人
素晴らしい青春だ

ここまでで、まだ3巻までしか紹介していません。

多分、観ていない人が意外と多いのではと思っているので、あまりネタバレをしない方向で紹介というか感想の様なものをかいてみました。
アニメがオリジナル作品となっているので、オーディオコメンタリーがとにかく面白い。
監督と脚本が原作者となってそのまま喋っていますので、本編を観た後にコメンタリーで視聴して二度美味しいんです。


Newer Entry紫陽花

Older Entryパワーボール買ってみた

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >