みぞれぶろぐ Mizole blog

    写真を撮ります。

    Category: カメラ・写真  

    SIGMA dp QuattroのSFDモード試してみた

    SDIM0905s.jpg

    全然気付かなかったのですが、去年の4月頃にSIGMAのdpシリーズにもSFDモードが搭載されているということを知り、早速試してみました。

    dpシリーズはFoveonセンサーによる高精細な写真が撮れることで知られていますが、
    高感度耐性が極端に弱く、暗所を持ち上げるとノイズが増えてしまいせっかくの高精細画像が台無しになるという問題がありました。

    長秒露光すれば暗所も上手く引き出せるのですが、そうすると暗所以外の所が明るすぎて飛んでしまったり、なかなか思うような写真が撮れなかったりもします。まぁ普通に使っててそんなに不満は出なかったのですが、言われてみれば欠点という所です。

    そこでSIGMAのレンズ交換式カメラのSDシリーズ、sd QUATTROに搭載されたSFDモード(スーパー ファイン ディティール)が
    なんとバージョンアップでdp QUATTROシリーズにも搭載できることになりました。

    このSFDモードどういうものかというと、露出を変えて7枚撮影した写真を合成して1枚の写真にするというもので、
    後から現像する際にハイライト部分をちゃんと残して、かつ影になっている所を持ち上げてもノイズの少ない写真が撮れるというもの。

    試してみた所これがすっごい良い。

    SDIM0905t4.jpg

    上の写真の所をトリミングしてみました。
    しっかりガラスの質感が出ています。暗部なのにノイズが全然少なくてビックリ!

    SDIM0000.jpg

    およそトリミングした所に赤枠でマーキングしてみました。

    SDIM0905t3.jpg

    SDIM0905t1.jpg

    明るい所を破綻させずに、しっかり影になっているところも描写する。素晴らしい機能ですね。

    三脚が必要であったり、動体に対応できないことや、取った後の処理時間がかかる等、ホイホイ使えるものでもないですが、
    ここぞという時にこれだけの描写をしてくれるようになってとても嬉しいです。

    SIGMAのカメラに惚れ直しました。

    ちなみに普通に撮ると

    SDIM0787s.jpg

    撮影する場所が違ったりして条件が異なるのであまり参考になりませんが一応

    SDIM0787t3.jpg

    SDIM0787t1.jpg

    SDIM0787t2.jpg

    ちょっと大袈裟で比較にならないかもしれませんが・・・。

    Newer Entryお台場からレインボーブリッジを撮影

    Older Entry湘南~江ノ島に行ってきた

     

    Comments
    Leave a comment








    12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >