みぞれぶろぐ Mizole blog

    写真を撮ります。

    Category: カメラ・写真  

    フィルムデジカメスキャナー改

    先日チップスターを使ってデジカメを使ったフィルムの取り込み器を作ったのですが、思ったような精度が得られなかったのでリベンジしてみました。

    DX63_pMVoAAaLVS.jpg
    こちらはチップスターを使用したもの。既存のマクロレンズにぶっ刺すだけ。

    まぁ、実際これNikonのスライドコピーアダプターES-1 を似せて作ってるだけなんですけどね・・・(´・ω・`)


    DYAycipVwAEaW9b.jpg
    今回カルビーのポテトチップスクリスプうすしお味にしてみました。
    味は甲乙つけがたいです。チップスターの方が食べ慣れていますが、こちらも軽快な食感が良かったですね。

    すいません。

    これにした理由はフタが柔らかいプラスチックで加工が容易であることと、紙よりも耐久性があるからです。

    基本的な作りは同じですが、遮光性の向上とフィルムの安定した固定が出来るようにしてみました。

    DYBNo8bUMAEfUpM.jpg

    リバーサルフィルムでフィルムをカットしているものであればこのように、
    プラスチックマウントにセットしてはめられるようにしました。

    カルビー側の四隅をすこし削って丁度いい感じにハマる加工をしています。

    P1030673Sm.jpg

    けっこうキツめにバックライトを当てて暗部を持ち上げてみました。

    確実に前回よりも精細に映るようになっています。
    しっかりと固定されていてフィルムも真っ直ぐになっているのと遮光性が効いているのかもしれません。

    DYA8AQQVQAAcBS7.jpg

    ネガフィルムで切れていないものはプラ板を切って使います。
    10cm×5cmの板の中に4cm×3cmの四角い窓を開けたもの×2枚になります。
    1枚目のプラ板をカルビーのプラ蓋にセロハンテープで貼り付け、
    2枚目でフィルムを挟んでさらにそれをクリップとか何かで固定します。
    画像のこれはダッカールクリップです(髪留め)

    P1030679C.jpg

    早速補正してみたところ・・・

    比較の画像

    ちょっと見難いかもしれませんが、左の画像がお店でプリントしてもらったもの
    真ん中が前回のスキャンで上手く加工が出来なかったもの
    右が今回スキャンしたものを加工したものになります。

    若干の青みが残っていますが、かなり自然な色に近付いたと思います。

    トーンカーブの調整が何となくつかめてきたのと、より安定したスキャン画像が得られるようになった為だと思われます。

    P1030679RSTCmMC.jpg

    フィルムデジカメスキャナー改の方はこれである程度の精度が得られたので良しとします。

    次はバックライトをいかに白く安定した光にするかがキモになりそうです。

    部屋の電気にに向かって撮っているだけなので・・・。

    また思いついた時に進めていきたいと思います\(^o^)/

    Newer EntryNikonのスライドコピーアダプターES-1

    Older Entryネガフィルムを自宅でデータ化

     

    Comments
    Leave a comment








    1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >