みぞれぶろぐ Mizole blog

    写真を撮ります。

    Category: カメラ・写真  

    PENTAX K-01のレビューみたいなもの

    買ってしばらくたつのに紹介していなかったK-01です。

    719693407.jpg

    719695541.jpg



    見てもらえば分かるように、とても玩具っぽい外見のこのカメラ。
    出た当初から欲しかったのですが、急に値下がりを起こしたため即買いしてしまったのだ。

    デザイン重視で設計され(デザイナーはマーク・ニューソン氏)たが、写りも良い。

    s-IMGP0111.jpg


    パリっとした絵でバッチリ撮れるという印象です。
    他方のレビューを見ても、やはり画質に関しては高い評価。
    ただやはり見た目がカメラ好きな客層からあまり受けなかったようです。
    ガチ勢はごつい一眼が好きなのでしょうか。
    おかげで僕は見た目もツボに入ったし安く入手できたしで万々歳なのですがw


    s-IMGP0021.jpg


    試しに購入した、smc PENTAX-DA 50mmF1.8というレンズで撮影したハムスター
    Kマウントというレンズの規格を採用していて、今までペンタックスのカメラを持っていた人なら、
    そのカメラに使っていたKマウントのレンズをそのまま使うことができます。
    僕みたいにこのカメラからKマウントを使い始めた者としては別に関係ありませんが、
    今まで使っていたレンズという資産を流用できるというのは魅力的だと思いますね。


    s-IMGP0032.jpg


    バッテリーの持ちも良いです。
    Kマウントを採用したことと、デザイナーの意向からカメラ本体がミラーレスにしては
    大きくなりましたが、その分大きいバッテリーを付ける余裕が出たようです。
    PENTAX Qとはバッテリーの持ちが全然違います。
    これだけ持ちが良いと僕のようなライトユーザーなら旅行に予備のバッテリーを持っていく必要は無さそうです。


    s-IMGP0089.jpg


    ただやはりPENTAX Qに比べると大きい、重いという印象がありますね。
    ショルダーバッグの中にちょろっと入れておくという持ち運びは難しいです。
    K-01のために専用のカメラバッグを購入して、旅行とか本気で取りに行くときに出番がきます。


    s-IMGP0036.jpg


    一つ不満なのが、オートフォーカスの速度。
    オートフォーカスの方式がコントラスト検出式のため、位相差検出式と比べるとピントを合わせるのに時間がかかります。
    動くものを撮るなら位相差検出方式の方が良いでしょうね。
    一長一短のある両方式ですが、位相差検出方式のフォーカススピードが羨ましくなります。
    次買うカメラは位相差かなー。


    s-IMGP0109.jpg


    PENTAX QとK-01と、ペンタックスユーザーになってきましたw
    となると次に買うカメラも今使ってるレンズが流用できるペンタックス製を選びそうですねw
    よろしい、ならば付いて行こうじゃないかペンタックス


    追記)ファームウェアの更新でオートフォーカスの速度が相当上がっています。これはうれしい。

    Newer EntryPENTAX Q 魚眼レンズで遊ぶ(都庁、新宿御苑)

    Older Entry高松・小豆島観光旅行してきた

     

    Comments
    Leave a comment








    12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >