みぞれぶろぐ Mizole blog

写真 自転車 アニメ

Category: カメラ・写真  

PENTAX Q 魚眼レンズで遊ぶ(都庁、新宿御苑)

以前から紹介しているPENTAX Qですが、
このカメラの特徴として、レンズ交換ができるという点があります。
写りは01のスタンダードレンズが一番良いと思うのですが、
せっかく買ってあるのでその中の一つ、「魚眼レンズ」のご紹介です。レビュー?
(以下の写真をクリックすると大きく見ることができます。)

s-IMGP0201.jpg



もうこのサイズですからね。玩具ですw
AFができないため、手動でピントを合わせます。
しかも後部の液晶画面を見ながらのため、ピント合わせがキワドイ。
何回か撮ってコレでいいかな?という感覚ですね。
ファームウェア1.10からフォーカスピーキングという機能が実装され、
ピントが合っている所の輪郭が白く映るので、ピントが合わせやすくなっています。

とりあえず作例として、都庁の展望台から

s-IMGP0598.jpg
<都庁展望台>
s-IMGP0608.jpg
<都庁展望台>
s-IMGP0611.jpg
<都庁展望台>

GWで東京の実家に帰っていたので、ついでに登ってみました。
外国人観光客が多く、記念写真のお願いをされます。
東京タワーは登るのにお金かかりますが、都庁は無料です。

s-IMGP0603.jpg
<都庁展望台(お土産売り場)>

やっぱりピント合わせが問題ですね。
AFがきかないためキワドイところでピントを微調整しながら数枚撮影した方が堅いかもしれません。
でもこのギュ~ンとした絵が撮れるのは楽しい。

・それではスタンダードレンズ(01)と比べてみます。
場所は新宿駅西口のビックカメラ付近。

s-IMGP0761.jpg
<標準レンズ(01STANDARD PRIME)>

s-IMGP0749.jpg
<魚眼レンズ(03FISH EYE)>

比べてみると画角が全く違いますね。
標準レンズの方が遥かに画質はいいのですが、魚眼も楽しいです。
レンズ交換可能だからこそできるお遊びでしょうか。

このノリで公園の緑を撮りに、新宿御苑に行ってみました。
通常は入園料が掛かるのですが、撮影日はみどりの日で入園が無料でした。

s-IMGP0705.jpg
<新宿御苑>

s-IMGP0710.jpg
<新宿御苑>(01STANDARD PRIME)

広い芝生だけではなく、緑の深い森もあります。
まさに都会の中のオアシス的存在。休みの日に森の中を歩くのがすごく好きです。

s-s-IMGP0660.jpg
<新宿御苑>

撮っていて気づいたのですが、魚眼は斜め下方向を撮るとすごく広がりが出るように感じます。
都庁の写真の様に、水平方向だとただ広角な写真に見えがちなので、下を向けて
周りをギュルっと歪ませる描写をいれることで、より魚眼らしい絵が撮れるようです。

s-IMGP0629.jpg
<新宿御苑>池の鯉

新宿御苑の中には温室があり、南国の植物なんかも見ることができます。

s-IMGP0665.jpg
<新宿御苑(温室)>

s-IMGP0682.jpg
<新宿御苑(温室)>(01STANDARD PRIME)

s-IMGP0695.jpg
<新宿御苑(温室)>(01STANDARD PRIME)

s-IMGP0672.jpg
<新宿御苑(温室)>大鬼蓮かな

だんだん魚眼が面白くなって来ました。広がりのある表現ができるので、一枚でまとまった写真が撮れますね。

値段が1万前後でこれだけ遊べるとなると、すごく素敵なレンズに思えてきました。
ピントさえ合えば綺麗に撮ってくれますし、何よりこの極小サイズですからね。しかも軽い。
他の一眼用魚眼レンズを考えると、値段・サイズ・重量は勝負するまでもありません。

フォーカスピーキングの実装により、より遊びやすくなりました。
ただ、01標準レンズがとても優秀なので、それに比べると03魚眼レンズはクセが強い代物だと思います。
まさしく趣味の玩具です。

Newer Entryよみがえりのレシピ 見てきた

Older EntryPENTAX K-01のレビューみたいなもの

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >