みぞれぶろぐ Mizole blog

    写真を撮ります。

    Category: 雑記  

    よみがえりのレシピ 見てきた

    映画「よみがえりのレシピ」を見て来ました。
    場所は大阪十三の第七藝術劇場。
    最初は東京で上映されましたが、順次他の地域でも上映されるようになり、大阪でも見れるようになったので見て来ました。

    766852073.jpg



    映画よみがえりのレシピ 公式ページ

    結論から言うと、よかったです。

    この映画は、山形県の在来作物を題材としたドキュメンタリー映画です。
    在来作物とは、その土地で古来から生産されている固有の品種であり、
    現在はその生産者そのものがいなくなることで、多くの在来作物が消失しているそうです。
    そりゃ作る人がいなくなれば絶滅するわな・・・。

    そういった在来作物を守り繋いできた人々や、山形大学の学者、
    山形のイタリアンレストラン「アル・ケッチャーノ」などの活動により、
    在来作物の持つ文化財・観光資源としての価値が見直されてきました。

    映画に出てくる人達に高齢の方が多く、山形の訛りが結構きついため字幕が多く用いられていました。
    でも僕は山形の庄内生まれ(すぐに東京へ行きましたが)であり、
    親戚の話し方まんまだったので、全く問題有りませんでしたがw



    現在スーパーとかでよく並んでいるのは、ほとんどが日本全国で生産されている品種です。
    その土地だけで生産され、文化を持った在来作物は、PR次第では貴重な文化財・観光資源にもなりえます。
    現在の大量生産思考とは別の方向性が見えてきます。

    ただ、これは山形に限ったことではなく、日本全国に言えることだと思います。
    種の保存や、文化財・観光資源としての観点からも、
    地域特有の在来作物について見直しが必要であると感じました。

    順次他の地域でも上映されるようなので、是非見に行って欲しい映画です。


    それにしても、映画中で出てくる、アル・ケッチャーノの料理がとても美味しそうで、
    今度山形に帰ったときに行ってみたいな・・・。

    Newer EntryMac Mini(Late 2012)導入

    Older EntryPENTAX Q 魚眼レンズで遊ぶ(都庁、新宿御苑)

     

    Comments
    Leave a comment








    12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >