みぞれぶろぐ Mizole blog

    写真を撮ります。

    Category: 雑記  

    「夜市」恒川光太郎

    恒川光太郎の夜市(よいち)という本がお気に入りです。

    yoichi01.jpg

    私はホラー系の小説はほとんど読まないのですが、これは面白かったです。
    時間を潰すために寄った本屋で、小説の裏に書いてある内容を読んで衝動買いしました。

    ※裏表紙に書いてある本の紹介より
    妖怪たちが様々な品物を売る不思議な市場「夜市」。ここでは望むものが何でも手に入る。小学生の時に夜市に迷い込んだ裕司は、自分の弟と引き換えに「野球の才能」を買った。野球部のヒーローとして成長した裕司だったが、弟を売ったことに罪悪感を抱き続けてきた。そして今夜、弟を買い戻すため、裕司は再び夜市を訪れた―。

    とても幻想的で、美しい世界観。私の思っていたホラーとはちょっと違いました。もちろんストーリーもよくできていました。

    しかし、私が本当に気に入ったのは、夜市の次に収録されている「風の古道」です。
    びっくりしました。ページ数的には夜市よりも多いです。
    夜市が終わったと思ったら、別の話も入ってた!と、ちょっとお得な気分になりましたw
    そしてこれがまた良い。読めば分かりますが、この「夜市」と「風の古道」、話は違いますが同じ世界の話です。

    幻想的で、怖さもあるのですが、それによって引き立つ美しさがある世界観でした。
    ある不思議な「古道」を舞台に、物語は進みます。残酷で、感動的で、息を呑む展開。面白かったです。

    「千と千尋の神隠し」や、「蟲師」なんかが好きな人には面白いかと思います。
    しっかり納得できる良作です、是非読んで欲しい。

    Newer Entry2012見ました

    Older Entryおすすめアルバム Monkey Business (The Black Eyed Peas)

     

    Comments
    Leave a comment








    12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >