みぞれぶろぐ Mizole blog

    写真を撮ります。

    Category: ロードバイク  

    ロードバイクのはじめかた

    ロードバイクのはじめかた
    なんて偉そうなこと言えるレベルではないんですが、ちょっと持論を書こうと思いまして。

    でも始め方なんて人それぞれなので、こんな形もあるのか程度で読んでください。

    (自分の場合)
    まず、ロードバイクを始めるなら、最初は安いものでも良いと思うのです。
    何が自分の求めているものか、最初はイマイチわかりません。
    実際に自分で使ってみて、あれこれ試行錯誤してパーツを変えているうちに、
    いつの間にか最初に買ったパーツはほとんど別の物になっています。
    まるで人体の骨の新陳代謝みたいに。

    ただロードバイクのサイズとかは、体のサイズで決まるので、
    専門のショップで合わせてもらったほうが良いです。
    僕のロードバイクも最初は安いモデルで、サイズとかはお店の人と相談して、
    とりあえずフレームのデザイン重視で選びました。
    今ではそのフレームとステム、ハンドルバーくらいしか原型はありません。

    安いロードバイクを買ってから、すぐに変えたくなるパーツがサドルペダルです。
    もちろん最初から付属のサドルがお尻に合っていて、痛くならなければ必要ありませんが。
    これもお店の人に相談したり、試乗させてもらったり、サイズとか形とか自分に合った物にした方が良いです。
    お尻が痛いのと痛くないのでは、サイクリングの楽しさに雲泥の差があります。

    spe.jpeg

    ペダルは最初からビンディングにしていれば変える必要はありません。
    でもだいたい最初に付いてくるのは普通のペダルなので、足を固定することができません。
    ビンディングペダル・ビンディングシューズにすることで、足をペダルに固定することができます。
    足をペダルに固定するって最初は怖いかもしれませんが、一度慣れてしまうと逆に固定されていない方が怖いです。

    s-662114138.jpg

    ビンディングペダルにも、マウンテンバイクとかで使われるSPDと、ロードバイクでよく使われるSPD-SL
    と種類があります。ただ必ずSPD-SLにする必要はなく、私はロードでSPDを使っています。

    と、このような感じで少しずつ自分の気に入ったパーツと取り替えていくわけです。

    あとはディレイラー(変速機)、ホイール、タイヤ、この辺りを変えるだけで、まったく別物の、
    自分の求めるロードバイクが出来上がるわけです。

    もちろん自分の求める形もその都度変わっていきますし、それに合わせていけば良いんです。

    最初からハイグレード仕様の完成車は、ある程度自分の求めている物が実感として分かっている人が買うものかな?と思います。
    彼らは、その完成車に使われているパーツ全部を理解して、納得の上で購入できるからです。
    そういう人たちは、高い完成車を買ってすぐにパーツを幾つか変えることも多いと思いますし、
    何のパーツを変えるかは、買う時点で決まっています。欲しいパーツが無い、もしくはコスパ的に合わなければ、
    1からパーツを選んで組み上げるでしょう。

    知り合いがロードバイクをやっていたら、いろいろ助けてもらえると思うので、活用するべしかもしれません。


    最近、僕の知り合いがロードバイクを始めるにあたって、いろいろと相談を受けたので、思う所を書きました。
    もちろんこれが万人に通用するわけではありません。参考までに。

    Newer Entry堺浜でサイクリング と ワイヤー交換

    Older Entryロードバイクのタイヤ新調と小豆島ライド

     

    Comments
    Leave a comment








    12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >