みぞれぶろぐ Mizole blog

写真 自転車 アニメ

Category: デジモノ  

マスプロ電工から発売されたKodak PIXPRO WP1 レビュー

上記入手しました。
レビュー動画を気まぐれで作ってみました。





単3乾電池2本で動きます。
5m防水と1.2m落下衝撃耐性、軽量コンパクトが売りのようですが、
撮影能力は微妙です。

単焦点の固定焦点。つまりピント合わせができません。
パンフォーカスで広範囲が勝手にピントが合て写ります。
マクロ撮影ができないので、近くのものが撮れません。
仕様上では60cm~∞の範囲が撮影可能範囲らしい。

ボケを使った立体感のある美術的な使い方は難しいですね。
子供に旅行で持たせて遊ばせたり、現場仕事の人に向いているかもしれません。
記録するということに置いては問題ないと思われます。
複数の撮影対象物が前後に離れていても、どちらもピントが合ったように写るので。

子供は見たものをどんどん撮って遊ぶのが一番楽しいと思います。
衝撃に強く、防水でコンパクトなのでどこでも持っていけそうです。
でも、子供って虫とか近くの物を撮りたがるんですよ。
そこがこのカメラの弱点ですね。

動画能力はそこそこ良さそうです。センサーがCCDなので、カメラを激しく動かしても、CMOSのような映像歪みが生じません。水の中も素で行けるので、海に持って行ったら楽しいかも。
その代わり、スミアが出ますね。写真においては写りませんでしたが、動画はシャッター開きっぱなしの為スミア出てしまいます。CCDならではなので、味があるといえばそうです。
パソコンに動画データを移した際に、カメラ側再生では入っている音が、パソコン側では音が消えている事がありました。初期不良?ちょっと不明なので調べているところです。
追記)バージョンアップし直してみた所、音が普通に入るようになりました。

見た目の印象としては、使い捨てカメラというか、レンズ付きフィルムのようなカメラです。コダックだからという先入観です。

とにかく、乾電池で動くカメラが欲しかったので買いました。出先とかでバッテリー切れの対処がすごく楽なんです。充電忘れや、予備バッテリー忘れ、予期せぬ長期使用にも対応できます。いつ使うか分からない状態で予備のバッテリー残量なんか管理するのはちょっとね。
充電器を持ち歩くのも手間ですからね。場合によってはコンセントが確保できる保証もありません。乾電池であれば、新品を買っておけばある程度長期保存ができます。ニッケル充電池も使えるので、継続的な使用でも経済性を損ないません。コンビニで簡単に電池が買える世の中においては、乾電池式は凄いアドバンテージだと感じます。


100_0059.jpg

100_0092.jpg
風景撮るだけなら問題ありません。

100_0007.jpg
近くのものはボケてしまいます。

100_0056.jpg
ちょっと離すとちゃんと写ります

100_0114.jpg
近くの物しかボケないので、前ボケを利用して立体感を出します。

100_0171.jpg

Newer EntryCanon広角ズームレンズ EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM 

Older Entry桜ノ宮でフィルムカメラ

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >